「固定資産売却によるキャピタルゲインへの非課税枠」

例えば、住宅(固定資産)を売却した際に、売却益が発生した場合には、お一人での所得申告を行う
と、25万ドル未満の場合、あるいは、既婚者で配偶者と共にJoint Returnの申告を行うと、50万ドル
未満の場合には、すべての売却益(キャピタルゲイン=資産売却所得)が控除され、その売却益に
対して、税金が掛からないという様な内容です。

但し、これには、条件があります。 売却者本人が、所有権を保持し、かつ居住していた期間が、
売却日から数えて、過去5年間のうち、2年以上である事。 従って、売却者本人の所有権あるいは
居住期間の何れかが、2年に満たない場合には、売却益全額に対して税金が掛かる。 例外として、
転勤、病気、あるいは、不慮の事情 = unforeseen circumstancesで、 2年以内に売却せざるを得ない
場合には、上記の25万ドルあるいは 50万ドルを日割り計算して、非課税枠を減らす事となります。

例えば、1.5年居住していた場合、お一人での申告の場合、25万ドルx75%(1.5年 ÷ 2年)
=18.75万ドルまでの売却益は、非課税となります。 日本からの駐在員の方々で、購入された
物件にご自分で住まわれ、その後、数年して売却して、その売却益が出たとしても、上記の金額ほど
は出ないケースがほとんどであり、2年以下の居住であっても、仕事による転勤がほとんどですので、
一般的には、売却益を支払わなく済む場合が多い様です。

日通リアルターズでは、21年以上にわたって、住宅の売却あるいは購入のお世話を、数多く対応
させて頂いております。  お気軽にご相談、ご用命ください。




ホーム
会社案内
特選物件
当社の具体的な
 サービス内容
スタッフ紹介
生活情報
ご要望/
 ご依頼事項


住宅購入に際して
・・・・・・・・・・・・・・・・・
シカゴ郊外での住宅
 購入についての知識

住宅購入のメリットと
 デメリット

住宅購入は、節税
 効果が高い


購入した場合と賃貸の
 場合の比較

住宅購入の手順

住宅の売却に際して
・・・・・・・・・・・・・・・・・
住宅の売却についての
 情報
 
売却益への課税
 免除について


住宅売却能力に
 ついて

Copyright © 2003 by Nittsu, Realtors®. All rights reserved.
This site is designed and built by Uni-Con Inc.