住宅を購入した場合のメリット

住宅を、ローンを組んで購入した場合、支払った金利の金額、並びに、支払ったPROPERTY TAX
(固定資産税)を、個人の所得申告の際に、その総収入から差し引く事(控除)が出来ますので、
Tax Return(税金の戻し)のメリットがあります。 そのため、賃貸で借りるよりも、購入のほうが
安上がりである場合が多いといえます。 また、住宅を購入して、他の人に貸した場合には、
金利と固定資産税に加えて、その運営のために掛かった諸経費、例えば、修理費、光熱費、
改修費用、減価償却費なども差し引く事が出来ます。 その差し引いた金額に、それぞれの税金
の料率を掛けると、その戻ってくる金額となります。 反対に、賃貸住宅の家賃は税金控除の
対象とはなりません。

賃貸住宅の場合

賃貸住宅の場合には、オーナーの都合により、1年だけで出て行かざるを得なくなったり、賃貸
住宅の絶対数が少ないために、気に入らない家でも、住まざるを得ない事があります。 購入
対象の物件は、1年中、賃貸住宅よりは、はるかに多くありますので、オーナーの都合に左右
される事なく、自分の気に入った家を見つける事が出来ますし、多少気に入らなければ、気に
入る様に、自分で改造するのも自由です。 更に、賃貸住宅の場合は、リース期間の途中で、
急に異動となり別の国あるいは,
別の州に転勤となった時には、残りの家賃を払わなければ
ならなくなるなど、色々と面倒な事になる場合が多いと言えます。

シカゴ郊外にお住まいになる場合

シカゴの郊外の場合、ダウンタウンに通勤される方のための住宅地として利用されている
だけではなく、郊外自体が開けており、米国のへそとして、各種の交通機関が便利であるため、
製造業・倉庫業を始めとした物流拠点としても、重要な位置にあります。 従って、常に、人の
出入りが激しく、それに伴って、住宅の売り買いも、日常茶飯事に行われております。 他の
大都市、例えば、ニューヨークとかロサンゼルスも、シカゴと同様ですが、ある特定地域だけが、
住宅の値段が高くなっていたり、更には、かなり古い住宅が多いという事で、住宅購入には、
このシカゴ
郊外が、大都市の中では、最適であると考えられます。

住宅購入にデメリットが生じる場合

帰国あるいは転勤が決まって、購入した住宅を売りに出したが、うまく売却できないという
可能性があります。 その場合は、賃貸住宅として、他の人に貸して、売りやすい時期を選んで、
改めて、売却するという方法があります。 毎月、支払わなければならない住宅ローンを、
この家賃収入で補填する事が出来ますし、家賃の集金あるいは修理があった場合の手配
その他は、当社の様な管理会社に委託できます。 住宅購入の場合、上記のデメリットも
ありますので、購入の際には、最悪でも賃貸住宅で他の人に貸せる様な場所あるいは
間取りの住宅を選ばれことをお勧めいたします。




ホーム
会社案内
特選物件
当社の具体的な
 サービス内容
スタッフ紹介
生活情報
ご要望/
 ご依頼事項


住宅購入に際して
・・・・・・・・・・・・・・・・・
シカゴ郊外での住宅
 購入についての知識

住宅購入のメリットと
 デメリット

住宅購入は、節税
 効果が高い


購入した場合と賃貸の
 場合の比較

住宅購入の手順

住宅の売却に際して
・・・・・・・・・・・・・・・・・
住宅の売却についての
 情報
 
売却益への課税
 免除について


住宅売却能力に
 ついて

Copyright © 2003 by Nittsu, Realtors®. All rights reserved.
This site is designed and built by Uni-Con Inc.